読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

名作を愉しむ夏

「ウッドストック行最終バス」(119/144) 1975年作品 処女作だそうです 最初から、こんなに飛ばしていたなんて… 何が凄いって 主人公の刑事・モースの 間違った推理とそこに至る過程が 赤裸々に描かれているのです 根本的な読み違いや 新しい発見による状況の…

このモース警部、きてます、きてます

「キドリントンから消えた娘」(13/108) かなり本格的推理小説ではないでしょうか。 王道! でも、モース警部の存在が 本作品を 普通の本格的推理小説の枠組みから外れた「名作」にのし上げているのは 誰が読んでも一目(「読」か!?)瞭然。 僕はフロストを思…