読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

ポジティブなファンタジーで年を締め括れるなんて!

「総理の夫」(30/144) 最初に この作品を ファンタジーと呼ぶことが出来なくなる世の中を 僕は、各論反対総論OKで支持します で、日本についに女性総理大臣が それも最年少 そんなファンタジーを 総理の夫が語る素敵なフィクションです これがファンタジーた…

翔ぶんだ、少女は

「翔ぶ少女」(125/144) 神戸の震災がテーマ 両親を失った兄弟の物語 主人公は少女 でも彼女、翔ぶんです そう、翔ぶんです 読書感想で いきなりファンタジーになって、ちょっと… という意見もありましたが そういう人は 勝手に「泣ける」小説とか読んでてく…

マティス、セザンヌ、ドガ、そしてモネ

「シヴェルニーの食卓」(147/144) 絵画を見るときは 出来る限り、文字情報・知識は排除して 純粋な「目」でみたいと思っていたのですが 本作を読んでみて 物語の一部を補完する絵画 という見方も 良いのかもしれない、と感じました 今回は珍しく家でじっくり…

美しすぎる物語構成にうっとり

「楽園のカンヴァス」(137/144) やっと文庫化 やっと読めた ものすごく期待して読み始めたけど 期待以上だった 前評判が高かっただけに心配だったけど 良かった 前知識を入れないで読むのが常套なのだけど 本作はたまたま「王様のブランチ」で 気が付かぬま…

映画館に行こ

「キネマの神様」(109/144) まず、アドバイス 映画好きな人ならば絶対に(!)見ている作品なので良いのですが この小説を読む前には やはり「フィールド・オブ・ドリームス」を見ておくべきです 映画にまつわる物語 名画座、中学生のころは毎週行ってました…