読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

若竹七海

しばしお別れ、か

「静かな炎天」(33/144) 怒涛の若竹ラッシュ やっと目的地に到達しました 短編集です 全部で6つあります やはり表題作「静かな炎天」が白眉 次々と解決していく事件 順調な探偵業の裏で 何かが起こっていたのです 本当の「事件」が… 全てが一点に、一瞬にし…

ハードなのは晶だけじゃない

「悪いうさぎ」(32/144) 怒涛の若竹ラッシュ 今度は長編 読み始めからは想像もつかない ハードな結末が待っています… クールでハードボイルドな探偵・葉村晶が引っ張っていくストーリーは 目まぐるしく、複数のラインで進行します 女子高校生の家出調査から…

これが、原点か

「プレゼント」(31/144) 葉村晶、ここからなんだよね〜 なるほど、一筋縄じゃない 短編集 葉村晶と小林警部補という2人の主人公が登場 最後の次作の前振りとなる物語で 二人は共演するのですが その他は独立したミステリです お気に入りは「再生」 締め切り…

悪意にはクールで

「依頼人は死んだ」(26/144) 葉村晶シリーズの二作目 前に四作目を読み衝撃を受け 五作目が評判なので これを機に全て読もうとして 短編集です 事件の背景にある状況が 悲しいというか、切ないというか、やりきれないというか 人間の悪い部分を 白日のもとに…

な、なんだ、このミステリ…凄ぇ

「さよならの手口」(45/144) こんな作家さんがいたなんて 知らなかった… やっぱり「このミス」のランキングは重要ですよね 2016年4位は伊達じゃないよ 第三弾のようです、葉村晶シリーズ でも前は10年以上前とのこと なので、ここからでも大丈夫です で、異…