読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

意味がわからない恐怖

「指し手の顔・上」(148/144) 「指し手の顔・下」(149/144) あの「脳男」の続き。 あれから一年後。 本作品、極上のエンタメ作品でありつつ、 さらに精神科医療という問題にもシリアスに言及している。 俗に言う「精神病」という病気と それを患う患者さんと…

これほど続編を期待してしまう作品はあまりないだろう

「刑事の墓場」(98/122) あの「脳男」の首藤瓜於が「墓場」を書くんだから、 ちょっとヤバくない、、、と思って読みはじめましたが、 良い意味、裏切られました。 実にオーソドックスな刑事小説です。 味のある、癖のあるオトコたちが集う、 非常にストレー…