読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

10年ぶりの出会い

「養鶏場の殺人/火口箱」(34/144)   

 

 

ミネット・ウォルターズ

10年ぶり?

久しぶりに読みました

  

本作は読みやすい中編二作品

重厚なイメージのある彼女の作品の

エッセンスを手軽に楽しむことが出来ます

 

一作目は1920年代の実際に起こった事件をもとにしたミステリ

結婚に焦る女性の心情を

さらりと濃密に書いている

あら、恋愛のもつれ小説……と思って読んでいくと

実に切ないミステリになっていきます

 

二作目の舞台は1990年代

英国でのアイルランド差別というテーマが柱に

半年前の殺人事件と火事が

パラレルに進行していくが

その事件の結末は

地味に地味に

大どんでん返しが仕掛けられる

読者は

この静かな文章の流れから突然飛び出てくる衝撃に

唖然とすることでしょう

差別問題を巧みに利用した

実に巧妙なミステリです

   

いや、翻訳の成川裕子もGood Job

良い作品です

   

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)