読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

堕ちる。どこへ?

「定本 百鬼夜行 陽」(46/144)   

 

 

のためには陽が要る

悪があるから善が褒められる

人と妖の関係も似ているのかもしれない

  

百鬼夜行シリーズ

姑獲鳥の夏」から「鵼の碑」の登場人物のサイドストーリー

十の妖怪が闊歩する

残念ながら、全てを読んでいないので

真髄を楽しむことは出来ないのは残念だったが

本作品だけでも

十分に楽しめる重厚な内容です

 

一番、刺さったのは

あの「絡新婦の理」のマキの物語である「屏風闚 」

人が堕ちていく姿を

覗いている感覚が

しびれた

 

全ては自分の責任なのか

人には

自分ではどうすることもできない何か

抗う事の出来ない何か

がある

それが間違いだと脳では悟っているのに

脳の思考とは別の行動をとってしまう時

がある

 

堕ちるのは簡単だ

 

   

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)