読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

繰り返しの美学

「玩具店の英雄 座間味くんの推理」(56/144)   

  

 

安楽椅子探偵系の短編集です

全て、同じ構造の話です

事件を研究するのが仕事の警察官とベテラン刑事とその友人

ま、その友人が「月の扉」の座間味くんなわけです

 

新宿の紀伊国屋書店二階で待合せ

おいしいゴハン屋へ

飲みながら会話がはずむ

その会話のふとしたキーワードから研究対象だった事件の話に発展する

※とりあげられる事件は全て「ひとくせ」ある

座間味くんが「真相」を言い当てる

 

7つの物語

「傘の花」 、「最強の盾」、 「襲撃の準備」、「玩具店の英雄」、「住宅街の迷惑」、「警察官の選択」、「警察の幸運」

全て構造は同じ

事件そのものは

暗殺、テロ、傷害、暴行、爆弾、人命救助、要人警護とバラエティに富んでいますが

警察官目線以外でのアプローチでのみ

真相にたどり着けるというラインも一緒です

  

これを軽いと言うのか、軽妙と言うのか

これをマンネリと呼ぶのか、技有りと呼ぶのか

ま、読者が決めることでしょう

 

個人的には

ここまで繰り返す美しさが石持らしいな~と思いました

一つくらい、警察官主導の物語を入れてしまえば良いのに

そうしない美学

僕は大好きです

 

ミステリ初心者には

変な言い方ですが「勉強になる」一冊かも

 

  

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)