読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

20XX_Tokyo

「標的」(64/144)   

 

 

近未来アクションサスペンスミステリ(って長いねww)

舞台、東京、日本

警備会社、それも凄い奴、傭兵に近いハードなレベル

そこの新人「ボディガード」が主人公

 

その頃、日本は超格差社会

金持ちは、道路は危険なのでヘリで移動するくらい

犯罪も多発しまくり

その流れで警備会社は武器の携行を許可されている

金持ちは、金で安全を買う

 

金持ちを無差別に目の敵にするテロ集団

そのテロ集団にとって

同じ「力」で相手をねじ伏せる機能を持ちながら

金の力で言いなりになる警備会社は「敵」だ

 

金持ちが警備を依頼する

その金持ちたち

ど~も「いい奴ら」じゃない雰囲気が……

でも、仕事

警備は警備だ

 

そんな警備業務の裏で

魑魅魍魎がうずまく

本当の敵は誰だ?

味方はどこに存在するのか?

暴力の興奮に隠れて

クールな心理戦が展開する

 

このミステリ要素が非常に面白いのが

本作のポイント

社内の人間、同僚すらも疑う

それが警備対象の安全を守るために必要な手順ならば

プロの仕事には謎が付きまとう

そして、一瞬の判断で

状況が180度反転するエクスタシー

 

多分、シリーズ化でしょう

映像化も、いや、これはアニメ化かな

非常にわかりやすいエンタメ小説でもあるし

ひねりの効いた新しいタイプのミステリでもあります

 

読書ビギナーにもオススメの一冊です

是非

 

ちなみに、実写化するならば

主人公は……難しい

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)