読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

連休、一気読み、オススメ

「百年法・上」(87/144)  

「百年法・下」(88/144)   

 

素晴らしい

設定からラストまで

期待をほどよく裏切りつつ

やっぱ、こうだよね

というツボにピンポイントで刺してくれた

 

ちょっと大袈裟かもしれないけれど

少し熱すぎるかもしれないけれど

この作品が送り出す波動に

完全にやられました

非常に政治色の濃い作品と読むことも出来ますが

突き詰めれば

政治とは、社会の中で生きていくための

単なるツールしかないと考えれば

もっと、もっと、政治について考えるべきだと

再認識させられました

 

で、近未来SFです

人類は「死なない」方法を発見してしまった

施術をした時点から、見た目も変化しないのだ

世界各国で、これに対して様々な対応が取られた

さて、日本では……

先の戦争で、原爆を6個も落とされて

完全にアメリカに叩き潰された日本は

アメリカの意向で導入された「百年法」を採用していた

それは、施術後、100年経ったら

死に向かう

つまり、殺されるという内容だ

 

この設定に、震える

軽く「ありえないよ~」と笑って流せる内容だろうか

100年前、いや、10年前に

この「スマホ」の到来を現実として受け止めていただろうか

電車の中で

ほぼ全員が斜め下を見て

指をこそこそと動かしている、このリアルを

もちろん、本作品の設定は奇想天外ではあるが

この圧倒的な「嘘」

この作品では

ギリギリまで削りこんで

迫真に迫る「真実」に落とし込む

 

ふと、明日になれば

この作品の世界が現実になっているかもしれない

そんなユメを抱かせるパワーがある

 

文庫約900頁

連休、何もする予定がないならば

一気読み、超オススメ

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)