読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

鳥といっても、貴族じゃないよ

「リボン」(104/144)    

  

 

おばあちゃんの頭の上で

鳥の卵を孵化させる話からはじまるなんて…

もう、ずるい

卑怯だよ

だって、それ、もう良い作品決定フラグでしょ

 

そんな突拍子もない物語は

孵化したオカメインコを中心に進んでいきます

さまざまな人間に出会うオカメインコ

犬でもない

猫でもない

爬虫類でもない、鳥だ

 

鳥は飛んでいく

その瞬間、人間は絶望する

自分に出来ない事を軽々とやってのける鳥という存在に比べて

自分はなんて価値の無いモノなのかと

 

でも、その絶望を

希望に変えることが出来る

ほんと簡単に

その気付きをくれる一冊だと思います

 

僕は動物が苦手なので

動物を飼いたいと思ったことはないけれど

鳥ならば、いいかな

と思いました

だって、飼う・飼われるという関係じゃないような気がするから

 

秀作

元気が出ますよ、これ読むと

画家と編集者のエピソードは白眉 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)