読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

第三弾、早く来い、待ちきれぬ

「その白さえ嘘だとしても」(105/144)    

 

階段島シリーズ、第二弾

ファンタジーと見せつつ

実にオーソドックスなミステリ

がしかし

きっと謎解きがメインではない

謎解きをする、巻き込まれる登場人物を描きたいだけ

描写の手法が

ラヴストーリーではなく

階段島のクリスマスの七不思議の謎解きだっただけ

 

真辺の本当の姿が

徐々に明らかになっていく

七草の「化けの皮」が

だんだん剥がれていく

佐々岡、水谷の苦しみが

白日の下にさらされる

 

そこで、この島のルールが利いてくる

捨てられた「人」の島

捨てた当人の姿が見えてきた

 

登場人物の謎が見えてきた

次は、本丸

階段島の謎だね

第三弾、待ち遠しい

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)