読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

楽しめ、不安を

「あの女」(109/144)    

  

オカルトな物語だな、と読み始め

一番怖いのは生きている人間だという結末に落ち着く

 

女は怖いな、と思いつつ

男もどっこいどっこいだなという結論にたどり着く

 

ちょっとネタばれかもしれないけど

物語をストーリーを追うことをせずに

全体を俯瞰してみるならば

時間を越えた

女の作家二人と男の編集者の三角関係の話

 

ただ、この三角関係には

愛情、つまり好きだ嫌いだという要素の他に

ビジネスの要素が絡む

で、このビジネスの内容が

銀行の融資の話とか、何か新製品開発の話ならば

まあ、池井戸タッチな展開もあるかもしれない

だが、ここは小説

このビジネスの根幹はあくまでも一人である

ここが人を「狂わせる」のだ

 

 

ホント、色々な読み方がある作品だと思う

でも、筋がガツンと通っているので

読んでいて、実は全くブレない

少し、物語を追うごとに不安になるかもしれないけど

思う存分、不安になって問題なし

自分の理解が間違っているのでは…と思うときは

素直にそう思っていればOK

その不安もじっくり楽しめる

秀作です

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)