読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

なんという、緊張感

「オーダーメイド殺人クラブ」(120/144)     

 

 

やっぱ、辻村深月、好きだ

 

本作は「中二」の男女の物語

自分を殺してと

女子が男子に依頼する

「記憶」に残る殺され方・殺し方を二人で一緒に考える

歴史的な美少女被害者

歴史的な少年A

になるための作戦会議だ

 

学校内での

イジメのメカニズムが

サバイバルのメソッド

実に細やかに描かれる

「男子校で…良かった…」と思わずつぶやいてしまう

なんという緊張感

ピリピリ、ってわけじゃない

この温度

冷たくもなく、熱くもない

そして、温くもないんだよな~

これが、辻村クオリティ

 

そこからの逃避

それがこのクラブへの参加なのか

生き物を殺す

それで逃げ切れるのか

人を殺す

そこまでたどり着けるのか

事件

それがゴールなのか

 

いや、もう、色んな角度から楽しめる

決して「中二病」作品ではありません

もう

もう、震えてしまう

面白すぎる

 

そ、そして

こ、この結末…

やっぱり辻村深月、好きだ 

愛してる、ぜ

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)