読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

読み応え十分の「大作」

「双頭のバビロン・上」(125/144)     

「双頭のバビロン・下」(126/144)     

 

 

世界観、登場人物、設定、そして分量

全てにおいて

一般生活を越えた壮大なスケールで描かれる

まさに大作

 

もちろん、日常の機微や耐え難い現実を表現する作品も面白いです

何気ない自然な物語も素晴らしいです

でも、でも

たまには、こういう大作

映像化なんて絶対無理!!って感じの

皆川のどえらい作品に

没入する幸せを

 

ウィーンに生まれた

それも体が結合した状態で生まれた

双子の物語

分離された二人は

それぞれの人生を歩んでいく

 

少々のオカルトな雰囲気が

20世紀前半に展開する

舞台は

ハリウッドになったり

ウィーン郊外の精神病院にひきこもったり

上海に飛んだり

ベルリンに飛んだり

登場人物3人の目線で

時系列バラバラな状態で進行していく

 

めまぐるし動くストーリー

最初はどんな結末を迎えるか想像だに出来ない

文庫800頁

徐々に見えてくる物語の骨格

鮮やかに描かれる

1920~30年代のハリウッド映画業界とともに

ミステリアスな双子をとりまく物語が

行きついた先は

 

読書慣れしている人向けだとは思いますが

この夏、チャレンジしてみても良いかと思いますよ

大作の深みと重み、味わってください 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)