読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

僕は姫と王子に期待する

「烏は主を選ばない」(155/144)   

 

 

あの傑作から…はや1年強ですね

解説を読むまで

気が付きませんでした

同じ出来事を

別の角度から見ていた物語とは

 

解説の大矢博子の思いに

僕は完全にシンクロしました

本物だと思います

でも、amazonの感想とか見ていると

予想以上にネガティブな意見が多いのに驚きました

 

物語が繰り広げられる世界は

日本の平安時代のような場所でしょうか

登場人物は

鳥(=バード)に変身することが出来る人間みたいな生き物です

その社会における

貴族階層での事件が

物語の主軸になっています

 

この世界観、どうですか?

なんか、作者の都合が良いところばかりをピックアップしている

と感じたら、ネガティブでしょう

でも、僕は

この半ば強引な各要素のセレクションを断行した阿部智里に

大きな期待を寄せるのです

 

メインキャラは貴族の王子様です

イケメンでダメ男です

でも、実は…

という「実にありがち」な構成を敢えて選ぶ阿部

その中で

政治ドロドロの謀略小説を書き上げるパワー

 

一作目「烏に単は似合わない」は姫がメインです

どちらから読んで

大丈夫かもしれません

ちょっと現実を離れてみたい…時に

読んでみたら

ハマるかもしれませんよ

 

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)