読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

この旅は死へは繋がっていないと断言したい

「岸辺の旅」(9/144)   

  

 

解説の平松洋子が言っている

 『岸辺の旅』では、生と死がとても親しい。

 

失踪してから3年

夫は死んで、帰ってきた

幽霊とか、亡霊ではなく死者として帰ってきた

誰からも普通の生きている人間として見える死者として

その夫と

今まで夫が旅してきた道のりを

もう一度、めぐる旅に出る

 

夫婦の死に場所を、改めて求める旅なのか

夫の「成仏」させるための旅なのか

それとも、夫のただただ追い求めるだけの旅なのか

現実からの逃避行以上の意味を

どうしても求めてしまう

でも、本当は

ただ、気分転換の旅でしか過ぎないのかもしれない

 

今、もしかしたら、僕の身の回りにも居るのかもしれない

死者と生者

それを分けるもにはなんだろうか

死んでるみたいに生きてる人間と

死んでも尚、生きているような気がする人間と

どっちが生きているのか

 

日本人の死生観とは何か

少し、勉強したくなりました

心も頭の刺激された

素敵な読書をありがとう

 

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)