読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

不気味

「微笑む人」(13/144)   

 

なぜ、殺人事件があると

人は「動機」を知りたがるのだろうか

殺人者の気持ちを知って

何の得があるのか

 

敢えて、理由を述べるならば

殺人という

自分とは遠い世界の不気味な出来事を

理性で処理して

やっぱり、自分とは遠いんだ

と納得するため

かな

不気味は不気味であると

 

本作品の殺人の動機は

実に理に適っているが不気味である

この不気味さを

主人公のノンフィクションライターが

様々な人への取材を通して

不気味の正体を探していくのだが

一向に見えてこない

 

なぜ

人を殺すのか?

 

しかし、最後に

この「なぜ」を知っている人物にたどり着く

ところが…

 

ミステリとして成立しているとは言えないけど

ミステリアスな気持ちに

させてくれます

そして

この不気味、受け止められますか…

 

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)