読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

まさかのドラマ化ですが…

菩提樹荘の殺人」(49/144)     

 

 

火村准教授のキャステイング

ありかなって思いました

 

で、本作品は4つの短篇です

若さ(とそのアンチテーゼである老い)が軸にあります

 

少年犯罪と社会

若手芸人

大学生時代の思い出

アンチエイジング

 

そんな話題に関係する事件を火村が解決していきます

僕の注目は「探偵、青の時代」

大学生のころの火村の様子が分かる貴重な作品

切れ味の鋭さが

相手だけではなく自分も切りつけてしまう

そんな若さ

悪気が無い分タチが悪いっヤツですね

 

もちろん謎解き部分も冴えてます

必要最小限まで削り込んだ感じが心地よいです

シリーズものならではですよね

今までの読書経験があるので

読者が自分の中で物語を膨らますことが出来る喜びですか

 

火村シリーズは

どこから読んでもそれなりに楽しめますが

本作に関しては

初読には向いていないかと

数冊読んだあとに

ココにくると

昔の話にキュンとなるかもしれません

 

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)