読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

ここまで裏切られると気持ち良い

「女王はかえらない」(61/144)     

 

 

ここまで騙しますか!

やり過ぎという意見もあるでしょう

よくある手口という意見もあるでしょう

でも

ここまでやれば納得

ミステリ初心者にとっては「よくある」とかない訳だし

 

最初は

小学校のよくあるスクールカースト系の

イジメを軸にしたミステリだと思ってました…

 

以下、ネタバレです

ミステリ初心者の方はこのネタバレを読まずに

読んでもらいたいものです

これが「文字」のミステリです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部

最初は子供目線

で、全くオトナが出てこないまま殺人に進むとは

ちょっと驚きました

まあ、事故なんですが

殺人でしょう

 

二部

で、ここから反撃の復讐劇が始まると思ったら

いきなり時間が過ぎて

オトナ目線に変更

先生が生徒を見つめていきます

そこで先生が追い詰められていくのですが…

 

がしかし

一部と二部の間には繋がりがないことが!

まあ、よくある手だけども…

失踪事件が都合良く起きるってことは

まあ、良いです

ミステリですからね

 

そして、三部

一部と二部のつながりが判明

そして

名前と苗字の入れ替えや男子と女子の入れ替えといった

よくある手口が出てくるわけですが

ここまで美しく決められると

完敗です

 

そしてラスト

どうも一部と二部で齟齬があると思ったら

本当の殺人があったという

衝撃の事実

この「大落ち」は凄いと思います

小学生にココまでさせる…

いや

小学生だから成立するのでしょう

 

もし、この小説の後日談があるならば

どうなのかな…

妄想は止まらない

 

 

  

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)