読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

やっぱ、スパイはこうでなくちゃ

「オータム・タイガー」(78/144) 

 

1981年の作品です

東西ドイツの壁があって

米ソ(露じゃないですよ!)で戦っていた時代に

書かれた作品です

やっぱ、この緊張感ですよ、スパイは

一見シンプルな社会構造の中で

うごめくスパイたち

敵が明確なだけに裏切りも激しい

現在の

誰が味方で誰が敵かから紐解かなくてはいけないスパイではないんです

この時代は

 

この作品の舞台は1970~80年代ですが

第二次世界大戦末期の事件の回想が

メインとなっています

主人公は地味な裏方CIA職員

彼に突如任務が

東ドイツの大物スパイ官僚が亡命の引き受け人として

彼を指名したとのこと

なぜ自分が?

工作活動なんてしていないのに

 

そんな彼に、とある物が渡された

え、これは

 

ここから話は終戦間近

1945年のドイツとアメリカのスパイ対決に突入します

主人公は

ドイツ人に扮して

アメリカのドイツ人捕虜収容所に潜入します

さあ、スパイ作戦は成功するのか

 

ラストでは時を越えて

1945年の真実が明かされるのですが

いやぁ、騙されました

言われてみれば、そうなんですよ

詰めの甘さには

ちゃんと理由があったのです

 

王道、ストレート

これぞスパイ小説です

是非、お試しあれ!

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)