読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

意味は不要かも

「五分後の世界」(86/144) 

 

 

本屋で平積みしてあった村上龍

おや、新刊?と思って買ってみたら

1994年作品

重い作品でした

 

主人公は気がついたら戦場にいた

そこは

1945年の夏に

別の選択をした日本で

まだ戦争が継続していたのだった

 

こういうSF設定

村上の得意とするところですよね

全くの嘘なんだけど

明日、目覚めたら、こんな世界になっているかもしれないと思わせる

圧倒的詐欺的リアリティ

 

ただ、面白いのが

主人公のオジさんがいつの間にか

戦争を受け入れ

積極的に戦闘に参加していくところ

普通、逃げるだろ

必死に現実を否定して

だが、しかし

村上の描くオジさんは違う

 

なぜ戦闘から逃げないのか

そこに大した意味はない

作品内でも特に説明しているわけではない

ただ

圧巻の戦闘シーンが続く

そのリアリティ

人の行動に意味なんか、必要ないんじゃないか

特異な環境のなかで

キラリと光る本質

 

やっぱ、村上、面白いや

脳みそがギンギンに刺激される快感

もっとほしい

龍、もっともっと読みたいな

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)