読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

真ミステリ

「去年の冬、きみと別れ」(103/144)      

 

 

中村の作品なので

いつも通り

やり場のない気持ちの鬱屈した雰囲気を

淡々と読もうと思っていたのですが

なんと

本作品ですが

読み終わってみたら

完全なミステリですよ

びっくりですよ

 

中村ビギナーには

ある意味オススメかも

読みやすいのは間違いないです

 

中村的な

ダークな世界観は存分に楽しめる

で、今回の最大のポイントは

常人でも理解できる心の動きが多く描かれている

 

常人と狂人

その対比がわかりやすい

従来作品は

贔屓目に見ても狂人度合いが濃すぎて

ちょっと…という人も多かったかもしてないけれど

本作品を読んで

少しでも中村の狂気に興味を持ったのならば

一気に

全作品に没入していただきたいです!

是非に!!

 

世界の果て

最後の命

王国

迷宮

何もかも憂鬱な夜に

悪と仮面のルール

悪意の手記

土の中の子供(個人的には最も狂っている気がします)

遮光

掏摸

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)