読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

重い、を越えた何か。性欲とは、何か。

「しろいろの街の、その骨の体温の」(152/144)     

 

祝、芥川賞

初読です

 

小学校、中学校の話は

本当に重い

そこに

女性からの不気味=純粋な性欲が絡む本作品は

衝撃的…

 

スクールカーストの中

息苦しい毎日

そこから逃げるための性欲とは少し違う

彼女的には

彼氏を支配するために性欲という設定になっているのだが

何かが違うのだ

 

主人公の元「友達」

スクールカーストに対抗して今の立場から逃げ出そうと

対外的な戦いを仕掛ける少女がいる

一人きりの悲しい戦い…

周囲は冷笑

 

そんな友達と主人公の対比なのか

なんだ

この作品の肝は

 

こんな気持ちにさせてくれる作品

めったに無いかと

辛い読書かもしれないけれど

この読後感は

貴重です

 

  

    

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)