読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

一気に、核心へ。

「凶器は壊れた黒の叫び」(7/144)   

 

これで終結?

いや、違うか?

そんな、様々な余韻を残す、階段島シリーズ第4弾

ちなみに、この作品は必ず1から読んでくださいね

全く意味が分かりませんから

いなくなれ、群青その白さえ嘘だとしても汚れた赤を恋と呼ぶんだ

必ず、この順番で

 

表紙だけ見ると「ラノベ」風ですが

意外と、いけますよ 

 

で、本作品、様々な謎が

一気に溶けるのが気持ち良いです

でも

綺麗さっぱり大団円

という訳ではありません

魔女の意味が徐々に明らかになってきましたが

まだまだ、奥はあるような気がします

ドキドキ

 

でも階段島の成り立ちが判明したのには

意外でした

そこは当然のものとして

説明されないと思っていたのに

一気にコアな部分に切り込むあたり

実に巧い

 

その他にも

重要な謎が解明されていると思います

僕は

その半分にも気がついていない気がするけれど…

 

でも、いいんです

全ての謎を知らなくても

みんなが分かっているのに

自分は理解していない

そんな、ちょっと切ない感じもたまにはいいじゃないですか

と、言い訳したりして(笑)

 

 

  <

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)