読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

そこに悪意はあるのだろうか

「星々たち」(9/144)   

 

単純に面白い

読んでいてドキドキする

母、娘、その娘

普通に考えれば「不幸」な女三代の物語

別に、何をするわけでもない

明確な悪意もないだろう

 

ただ、生きていた

流されていた

そのまま、ありのまま

そんな全くドラマチックでない光景に

ゾクゾクするのだ

 

三人の女は

それぞれ母からの影響を受けて

ある時は同じように

またある時は正反対の姿勢で

男たちと対峙する

 

表層的には悪いオンナたちだ

でも、実は彼女たち、悪意は少ない

もちろん

全く自分の否を否定しているわけでもないのだが

実に微妙なラインを辿っている

 

普通に面白い小説を読みたいと思ったら

絶対にオススメします

 

女性ならば

どの女性の生き方を支持するのかを考えながら

男性ならば

どの女に惚れる、もしくは捨てられたいのかを考えながら

是非に

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)