読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

行ってみたいな、軍艦島

「海と月の迷路・上」(28/144)  

「海と月の迷路・下」(29/144)   

 

 

舞台は長崎の軍艦島、でしょう

時代は昭和30年代、島の最盛期の話です

5000人が密集する島は

一つの不思議な生き物のように

独自の生態系を作っています

 

不要な摩擦を引き起こさないように

不思議な人間力学で社会が動いています

正論を通しあっていては

人々の不満が爆発し

全てが崩壊してしまうかもしれない…

 

そんな、事なかれ主義の中に

飛び込んだ警官の物語です

 

少女が死んだ

事故と処理された

いや、何かがおかしいい

その警官の他にも違和感を感じている人がいるものの

それを言ってしまったら…

無言の様々な圧力

 

その少女の死と

数年前におこった少女の「自殺」の真相に

何か関連があるのではないか

 

通常の環境ではない中

「民間人」の力も借りて

警官は真相に近づいていく

 

警察小説としても大満足ですが

軍艦島という

特殊な社会を描き出した

文化人類学的小説としても楽しめます

 

行ってみたいです

軍艦島

そこに人が暮らしていた

本当なのでしょうか?

この目で確かめたくなりました

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)