読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

理解は出来るが、やっぱ、共感は出来ないです…

「アニバーサリー」(150/144)   

 

 

生物として子供を産むことが出来ない男性であり

子供もいなくて

ましてや、結婚すらしていない僕にとって

本作品は

理解することで、精一杯でした

 

重いとか、意味不明とか

そういうことじゃないんです

もちろん、小説として、本当に「面白い」です

大戦を経て高度成長する昭和と

東日本大震災を食らった平成を生きる

二人の母親の物語は

ドラマチックで悩ましく

時には弱り、迷走し

でも、苦しみの中で、最終的には自分で道を切り開いていく

力強い人間を見せつけてくれます

さすが、窪です

ただ

これを読んで

安易に「感動した」というのは

この主人公二人、昌子と真菜に

そう、母親という存在そのものに対して

失礼なのかも…と思いました

なので

共感するのは無理なのです

 

男性も女性も

ちょっと覚悟して読んだ方が良いと思います

素敵な作品を

ありがとうございます

 

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)