読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

ミステリィを超えたのか?捨てたのか?

ジグβは神ですか」(6/144)   

  

Φ Θ τ ε λ η α そして、かなり期間が空いてからのβ

全12作と予告されているらしいので

今作はまさに中盤最後の仕掛けの回でしょう

 

そう、真賀田四季が出てきたんですから

 

正直、ここから読んでも、無意味です

一つの作品としては完成していないと言っても良いでしょう

でも

これを、もし、このシリーズで

この作品を思わず書店で手にしてしまい

何となく購入して、初めて読んだとしたら

何を思うのでしょうか

そんな未体験ゾーンに突入できる可能性をもった

森博嗣初心者に

ちょっとジェラシーを感じます

そして聞いてみたい、「面白かった?」と

多分、答えは、「何、これ…?」ってことかな

 

で、以後、このシリーズ

そして森博嗣のS&Mシリーズ、Vシリーズを未読の人には

全く意味不明なことを書きますので許してください

 

四季が出てきた時点で

それも生身の人間として(と僕は理解しましたが)登場したことで

もう、殺人の動機とか、トリックとか、犯人とか

どうでも良くって

てことなんでしょ、やっぱり

 

もちろん、メインキャラ4名が

大学生からそれぞれの道を歩む姿や

相変わらず切ないラブストーリーも

面白いといえば、面白いけど

それは、ファンの余技というか、何というか

結局は、批判を恐れずに言えば

四季にたどり着くまでの「時間つぶし」なんじゃないかな

 

でも、果たして四季への道を

森博嗣は書いてくれるのだろうか、という不安もある

ある日、突然、すべてが終了したり

完全に理解不能な結論を提示される危険性もあることを

読者は知っている

 

でも、いいんだ

もう、あきらめた

森が書いた作品を読む

それだけしか出来ないのだから

 

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)