読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

大どんでん返しとは一線を画す「まさか…」

「悪意の波紋」(58/144)     

 

こういう作品に出会えるから

海外翻訳モノ、楽しいですよね

 

読みながら

この物語はどこに向かっているのか

全く分からない

今、読んでいる事象

次のどういうストーリーを引き寄せるのか

予想がつかない

 

ジェットコースター的なノリではない

もっと深い感じ

タイトルの「波紋」というのが実にしっくりくる

 

1971年、ロス

大富豪だけど実は犯罪者すれすれの男の家から

絵画を盗み出すフランス人強盗五人組の話で物語は幕を開ける

 

そして現在

五人組の一人の話と

それとは全く関係ない若者の話が同時進行する

どこかで二つのラインがクロスすることは

小説として必然だ

 

がしかし

本作の凄さは

クロスした後の奇想天外な展開にあります

ええ~っ!

って感じではなく

……えっ。

って感じ

分かりにくくてすみません(笑)

 

ネタバレになるので

もう書きませんが

不思議な読後感は確約します

ちょっと毛色の変わった小説を読みたい時

おすすめかな

 

 

 

  

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)