趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

悪女年代記

「永遠に残るは 上 ―クリフトン年代記 第7部―」(7/144)  

「永遠に残るは 下 ―クリフトン年代記 第7部―」(8/144)  

 

ついに終わってしまいました

この結末、やっぱアーチャーでした

あっけない、実にあっさりとした終焉

並みの作家じゃ許されない幕引きだと思います

 

そして「影の主人公」、否、「主人公」かな、悪女・ヴァージニア

天晴れでした

 

一部を読み始めたのは2013年5月でした

二部が一番無茶苦茶な展開だったのではないでしょうか

三部ではめでたく結婚

四部での「死」はアーチャー節炸裂!

五部をスパイ小説に仕立て上げるあざとさも好きです

六部で悪女を叩きのめすのですが・・・

 

で最後

全てを良い方向に持っていかないことは分かってます

常套手段

じゃ、何がバッドエンドなのか

どこを不幸にして終わらせるのかがポイントな訳ですが

まさか。彼女に「病気」を差し込むとは

 

その分、ヴァージニアが冴えます

彼女を殺さないし

完膚なきまでに叩きのめされた状態を書かずままに

この物語を完結させたところに

惹かれますね

彼女のラストシーン、美しかったです

 

ま、ラストのスピーチシーンは流石でした

色々と問題のある超長編でしたが

ここで、全ての帳尻をあわせてしまう

読者を「諦めさせて」くれる剛腕っぷりは凄いです

これでこそ、超ベストセラー作家!

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20161021-20171020.162/144)

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108) 

圧倒的に面白いって、こういうこと

「罪責の神々 リンカーン弁護士 上」(5/144) 

「罪責の神々 リンカーン弁護士」(6/144)  

 

殺人の罪で逮捕された男

その被害者は

ハラーにとって「大事」な人だった

 

その男の無実を証明するために

ハラーは動き出す

 

その中で、昔の事件との関連が浮かび上がってくる

今の殺人事件の背後には

とてつもない、「悪」があるのでは?

 

いやね

こう書くと、王道な物語なんだけど

その王道を

ハラハラドキドキ書き上げるコナリーはすごい

圧倒的に面白い

ど真ん中に、面白い

 

なぜか

 

多分、この物語の舞台が

街中だったり、警察だったら

犯罪者の立場でのストーリーだったら

この興奮はないと思う

そうなると、よくあるハードボイルド系警察小説になるから

 

この作品はそうじゃない

あくまでも法廷がメインの舞台

そして、本当に「戦う」相手は陪審員たち

 

いや、面白い

だから、面白い

リーガルサスペンス、やっぱ、面白い

翻訳物ニガテな人には

前半、つらいと思うけど、ホント、読んで欲しい

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20161021-20171020.162/144)

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)