読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

死ぬなよ……

屍者の帝国」(54/144)   

  

 

伊藤計劃

死に際に書いた作品

解説によると三十枚ほどの下書き原稿とプロット

作品的には「プロローグ」の部分とのこと

 

死者が「屍者」として

ロボット、マシーンのように再利用されている

19世紀後半の世界が舞台だ

 

円城塔

それを文庫約500頁の作品に仕上げた

アフガニスタン、日本、そして合衆国をめぐり

発端の地、ロンドンでクライマックスを迎える

SFアドベンチャー風に仕立てられた

人間の命とは何かを

ひたすた問い続けるヘビーな作品に

 

フランケンシュタインの物語が現実となった世界

戦争、産業において活躍する屍者

死人を屍者化する

それが間違った方向に捻じれて、否、必然的に発展していく

生きている人に「死」を上書きして屍者化する 

屍者が生のクリエイトにチャレンジする

屍者が「人間」に反逆する

  

で、生きてるって何?

その質問は

人間を人間たらしめているモノは何と同義となる 

その答えは……言葉なのだろうか

  

もっと伊藤の言葉を読みたかった、目にしたかった、聞きたかった

なあ、死ぬなよ

 

 

  

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)