読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

誘拐する人、される人……ある意味、ファンタジー

「一千兆円の身代金」(60/144)   

  

 

何を書いてもネタバレですね

 

日本の「財政赤字」に対する強烈なメッセージ小説

そのメッセージを

誘拐事件というフィクションに織り交ぜて

豪速球で投げつけてきます

素直に受け止める、勇気、ありますか?

 

以下、ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、狂言誘拐なんです

ありがちといえば、ありがち

設定も、ご都合主義と言ってしまえばそうなんです

一般人のブログがここまで急速に拡大するか?

このタイミングで病気か?

ここまで賢い小学生がいるのか?

強制堕胎か…

 

でも、

最後の最後

ホントの主人公、誘拐された少年のとった行動

このファンタジーのために

この小説はあるんです

 

ミステリじゃない

これは憂国のファンタジーなんです

 

この夢の世界が終わった時

本作を読了したとき

文庫を閉じて

次に何が見えてくるのか

 

まずは読んで、確かめてみましょう

 

  

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)
(20051021-20061020.128/108)