読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

設定の妙。

「冬芽の人」(85/144)  

 

 

こんな大沢、ありですね

微妙な女の恋心を

女性の立場から書くなんて

なかなかです

 

で、一応、警察小説ですが

ちょっと設定がイケてます

 

主人公、牧しずりは女性

元刑事

30代半ば

今は地味な会社員として事務作業に勤しんでいる

なぜ刑事をやめたのか?

ある事件で「容疑者」宅に行った際に

トラブルが発生して

それが元で、相棒だった先輩刑事が瀕死の重傷を負う

実はその先輩からは交際を求められていた

本人は固く拒否していたものの

「不倫」疑惑が何となく拡がっていく中

居場所を失い

先輩が息を死亡したのを機に辞めた

自分をかばって先輩が死んだ

そんな「罪」の意識を引きずりながら

隠れるように生きている牧だったが

あることを契機に

先輩が死んだ原因となった事件の真相を改めて探り出す

 

上手いね~

この流れ

その中に登場するのが死んだ先輩刑事の息子

年齢は一回り以上離れているが

好きになってしまう…

この「好きになってしまう」というのが効いている

実に良い

ここで、牧が好意をいだくことなく

あくまでも先輩の息子という立場で

協力と言うか、母性と言うか、共感というか

そういう感情で付き合っていたら

この作品は

非常に陳腐な警察小説になっていたことだろう

 

この「禁じられた」恋の行方と

事件の真相が同時進行していく様は

さすが、大沢っ!!

実にエンタテイメントしていますよ

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ
(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)
(20071021-20081020.134/122)
(20061021-20071020.133/122)