読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

物語は、この結末を待っていた!

「シャドウ・ストーカー 上」(21/144)    

「シャドウ・ストーカー 下」(22/144)  

 

 

前のブログと正反対のことを言っています(笑)

ディーヴァーの用意した結末に

読者は、酔いしれることでしょう

さすが、キング・オブ・大どんでん返し!

 

若手のカントリー女性歌手、ケイリー

人気もあります

そして、そこにはストーカーが

たまたま、その歌手と知り合いだったキャサリンダン

他称「人間嘘発見器」である彼女のシリーズ三作目

後ほどライムのチームの面々も登場するし

かなり「大盤振る舞い」な作品です

 

ケイリーのスタッフが死にます

そこからストーカー問題は

問題から事件に発展していきます

事故?殺人?

 

容疑者はストーカー

どうみても怪しいのです

でも、初動捜査のミスにより釈放

 

でも、実はミスじゃなくて

操作ミスだったのかも

 

いや、やっぱ怪しい?

 

違う、これはディーヴァーのミスリード

犯人はストーカーじゃない

 

いやいや

裏の裏の裏の裏で

やっぱストーカーが犯人なんだよ

 

読者はディーヴァーの巧みな筆に揺さぶられながら

事件が次々に起こります

そして

思いがけない事実が突きつけられるのです

 

え、あの人が犯人!

でも

その犯した罪は…

 

これだけ読者を裏切りながら

最後、ちゃんと落としてくれる快感

やっぱディーバーです

 

よくもまあ、ここまでやってくれます

年末年始

読み始めたら眠らなくても大丈夫な環境下で

ぜひ、お読みください

 

間違いないです

絶対に楽しめます

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

 

(20151021-20161020.166/144)

(20141021-20151020.165/144)

(20131021-20141020.164/144)

(20121021-20131020.161/144)

(20111021-20121020.166/144) 

(20101021-20111020.159/144)

(20091021-20101020.150/122)

(20081021-20091020.139/122)

(20071021-20081020.134/122)

(20061021-20071020.133/122)

(20051021-20061020.128/108)