読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味は「読書」ですから

毎日、本が読めて、美味しいお酒が飲めて、走って、そして楽しい仕事が出来る。それが一番。何事もなく、今日も読書が出来ることに、本当に感謝です。

ジェットコースター的警察小説

「人質」(154/144)   

 

  

北海道警察シリーズ

飛ばしたの、取り戻しました

笑って来て紋章休日で密売ときて本作です

そして昨日の憂いに続きます

 

さて、本作、小島が人質となります

場所はオシャレなワインバー

そこで行われる小さなピアノのライブ

その会場に現れた二人

強姦の冤罪で四年間服役していた男とその支持者

 

犯人の要求は

冤罪に対する謝罪の要求

その相手は、ピアニストの父である元富山県警本部長

彼はバリバリのキャリア

そう簡単に謝るわけがない…

がしかし、思わぬ偶然が

事件をミスリードしていきそうになる

このバーの店長は

北海道が地元の有力代議士の娘だった

 

ネタは読んでいればバレます

そんなに複雑な仕掛けはありません

伏線も、実に伏線らしいです

そこはあまり気にしないでください

本作は真相がバレていくテンポの良さを楽しんでもらうべきかと

物語のラインが一つにぶつかった時の爽快感を

シンプルに楽しんでください

ジェットコースター的警察小説、面白いですよ

 

 

 

 

もう一つの趣味は「ランニング」ですから

はてな年間100冊読書クラブ

(20131021-20141020.164/144)
(20121021-20131020.161/144)
(20111021-20121020.166/144) 
(20101021-20111020.159/144)
(20091021-20101020.150/122)
(20081021-20091020.139/122)